HOME>オススメ情報>メリット・デメリットを確認してから賃貸管理の利用を検討しましょう。

賃貸を管理するときのメリットとデメリット

物件の管理だけでなく、賃貸代行や賃貸やクレーム対応、契約更新から退去時の修繕・クリーニングと大家さんに変わってさまざまな業務をおこなってもらえるので、サラリーマンの副業で利用する場合には賃貸管理はメリットが豊富にあり、便利に利用できますが反面管理費用が発生する点はデメリットとなります。

賃貸管理の業務内容

家賃の回収や督促業務

毎月の家賃回収や期日を過ぎてしまった入居者への家賃督促を行います。

入居者トラブルやクレーム対応

入居者にとっては、快適に日常を過ごせることは重要です。ときには入居者同士のトラブルやクレームが発生することもあり、対応することも賃貸管理にお任せすることができます。

契約更新時の手続きや案内

契約更新時に必要な書類を準備し、入居者への案内、署名・捺印の取り付けなどを行います。

退去時の対応や原状回復費用の請求・入金

退去時の立ち会いや原状回復費用の請求から徴収、そして大家への入金対応をお任せできます。

空室解消への広告活動

物件を探している人への空室案内などの広告活動を行います。

不動産経営のメリット

男女

不動産投資が注目を集めています。資産効率が大変よく、運営が軌道に乗ればあまり手間をかけずに安定した賃貸収入を得ることにつながり、サラリーマンや主婦の方が副業として利用するケースが多くなってきています。賃貸管理をする業者が諸業務を遂行してくれるためです。

専門の業者に委託するのが基本対応

一軒家

不動産投資をするうえで欠かせないのが賃貸管理をしてもらう不動産専門業者の存在です。もちろん、業者に頼らず自分ですべてをこなすことも可能ですが、現実的ではありません。入居者の募集活動をしたり、物件の管理運営をしたり、入居者からの賃料の管理及び督促をしたりする業務が伴いますが、少なくとも副業でできる内容ではありません。そのため、不動産投資においては不動産賃貸管理専門の業者に委託をするのが通常となっています。

業者を比較して選択する

一軒家

効率の良い不動産投資をするには、信頼のおける不動産管理業者を選定することが何よりも重要です。実際に運営管理をしてもらう存在となるので、賃貸管理の成否を握る最重要の項目といえます。精力的に入居者募集活動をしてくれたり、物件の管理運営をきめ細かく行なってくれる担当者がいる業者の方が安心して運営を任せられます。インターネットの不動産業者比較サイトなどを利用して、信頼して相談できる業者を比較して選定してみましょう。

広告募集中