賃貸管理とは

賃貸管理は物件の所有者に代わって、入居者の募集からはじまり、家賃の集金や敷金の精算、クレーム対応や退室後の室内清掃などお任せできるサービスです。

顧客が納得する賃貸管理のポイントとは

入居率や空室状況をチェック

管理している会社の入居率や空室状況をチェックしてみましょう。入居者を探してくれる力=安定した賃貸収入を得ることができます。

仲介部署の有無を確認

管理会社によっては仲介部署という部署を設置している場合があります。仲介部署があると入居者募集を管理会社で行ってもらえますが、他の業者に募集を委託してくれないと空室が長く続いてしまう場合もあるためメリット・デメリットどちらもあります。

地域密着タイプか全国展開タイプなのか

賃貸会社は地域密着タイプと全国展開タイプと分けることができます。地域密着タイプは地元に強く情報通ですが、全国展開しているタイプでは知名度が高く賃貸物件を探している人に注目してもらう可能性がアップします。

親切な担当者・雰囲気のよい会社

賃貸管理でも人と人の繋がりは、賃貸管理するうえでは重要なポイントとなります。管理会社の担当のかたの雰囲気や連絡がしっかりとれるなど丁寧な対応をしてくれるかたがいる会社を選びましょう。

トラブルへの対応力の高さ

なければいいことですが、入居者とのトラブルは発生することも想定できます。トラブルへの対応力もポイントとなります。

利用目的を考える

住宅模型

不動産を利用して投資をする人が増えてきています。初心者でもしかるべき専門業者に相談すれば、誰でも手軽に始められるのでおすすめです。例えば、賃貸管理をするといった人もたくさんいます。いわゆる大家さんという職業になるわけです。大家さんになることで家賃収入を得ることができます。これは立派な副業です。副業を認められている会社に勤めている人はこのような副業なら本業に支障が出ることも少ないので、ちょうどいいかもしれません。また、賃貸管理をするといっても、間に専門業者が入ってくれることがあります。そのため、自身が実際に行動することは滅多にありません。間に入ってくれる専門業者がほとんど行動を起こしてくれるので、とても楽な副業となります。将来のことを考えて副収入を得たいというのなら、このような副業を検討してみるといいでしょう。また、利用目的によって自身が担当する内容は違ってくることがあります。ただ副収入を得たいというのなら大家さんという立場になった方が楽です。

家賃収入を得よう

女性

賃貸管理といってもいろいろな種類があります。文字どおり、自身が賃貸を管理することも少なくありません。例えば、管理人として共同利用する場所を掃除するといったこともあるでしょう。入居者から苦情があれば、それに対応することもあります。このような賃貸管理はとても大変です。住民トラブルを回避するためのまとめ役にならなくてはいけないからです。一方、大家さんとして賃貸管理をする方がとても楽にできます。ただ家賃収入を得るだけでいいからです。特に管理そのものは管理会社に任せてしまうことで自身はのんびりと構えることができます。家賃未払いの住民が居ても、督促をするのは管理会社を通して行えるので自身は何もせずに済むというわけです。

広告募集中